福岡県、大阪府の特別支援学校に採用され設置しました

《即納》絶賛出荷中!電子製品メーカーならではの高コスパで大量生産中!

置き去り防止装置が即納です。圧倒的コスパの最先端技術製品を大量生産して出荷しています。現在即納です。

高価な併用式でも設置費用込みで補助金上限を超えない低価格

高性能なものを低価格で販売できるのは自社設計力。だからこそ私たちシステムトークスは25年間量販店で売れてきました。 二重の防止で安心できるけど高価な併用式。それを低価格で販売できるように開発しました。また簡単取付により取付設置費用を抑え込み、総額で補助金の上限以内に収められます(場所や希望工事内容により収まらない場合があります)

>>>選ばれている理由<<<

放課後等デイサービスでも圧倒的人気です!


技術で防げたのに…

車中で乳幼児がなくなる痛ましい事故が後を絶ちません。残念な思いと共に感じることは、私たちの技術を用いれば防げたのに、という申し訳ない気持ちです。
私たちがIoT製品開発で培ってきた技術やノウハウを活用したいという思いから、置き去り防止機器の開発をスタートさせました。既存製品の流用ではなく、ドライバーの方にも園児にも最適な仕様にするために、専用製品を一から作ることにしました。

もしも… 見えないから心配…

事故は、「なぜ?」「まさか」の偶然が重なって起きてしまうもの。「もしも私がそこにいたら…」という親御様の思いに寄り添えるよう、私たちの技術を駆使して置き去り防止専用製品を設計開発しました。

ガイドライン認定品・内閣府認定番号C-007
送迎用バスの置き去り防止を支援する安全装置のリストについて(内閣府)

検知波を照射しない人感センサーで安全に見守り

置き去りキャッチ!のセンサーは人体が発する赤外線を受光して検知する方式です。レーダーのように電磁波を人に照射しませんので、小さなお子様や個人差があっても100%安全です。
検知距離は最長6mの高性能ながら当社のIoT小型化技術により指先サイズに。お子様にイタズラされにくい新開発品です。
センサーは増設できますが、小型バスなら1つでも十分な効果があります。

※一般に、市販されている検知波式は人体に安全な範囲の出力に制限されています。

2方式併用で万全。さらに送迎前も車内点検の安心

ドライバーが車内を見回り点検してから後部のボタンを押すことで置き去りを防止します。 その後は人感センサーが車内を監視しますので、万が一見落としてしまった場合でも置き去りを検知して通報および警報を出して救出を求めます。
さらに置き去りだけでなく、送迎開始前もドライバーに車内点検をお願いする仕様になっております。お子様の乗車前に異臭がないか、窓ガラスが割れていないかなど安全に乗車できることを確認していただきます。
オールインワンで取付工事が安くて速い。工事手配も可能

使用する部品は全て85℃以上に耐えられる高性能品のみで設計しました。これによりダッシュボードを含めてどこにでも設置が可能です。ドライバーが安全運転できるよう希望する位置に取り付けることができます。
本体にコンピュータ、LEDランプ、音声アナウンス、通信ユニット(オプション)を内蔵していますので、配線がシンプルです。
このため取付工事も簡単で最短30分で完了します。特別な自動車整備の知識も不要です。

85℃の高温基準をクリア
ダッシュボードにも取付可能で、視認性と使いやすさが特徴です


全座席を見守ることが可能!
センサーを追加して何個でも連結できます
置き去りキャッチ!の人感センサーは赤外線受光式のため、レンズにより広い角度で人体の熱を検知することができます。
また数珠つなぎで連結できる独自開発品で、大型バスでもくまなくセンサーを設置できます。

超音波式やレーダー式などの検知波方式は死角が多い
検知できるエリアに入ってもらう必要あり
検知波方式は超音波や電磁波を照射して、子供の体には吸収され椅子には反射される違いを、反射波が跳ね返ってくることを読み取るため、一般的に検知できる角度が狭くなります。

発達支援センター、特別支援学校から高い評価を受けています。

幼稚園の方々の声を反映させながら開発しました

当社の社名「システムトークス(System TALKS)」は、ユーザーの声を聞きながらユーザーの期待以上の製品を生み出すことが由来です。 置き去り防止装置についても、実際に運用されるドライバーの方、責任者の方、親御さんの意見を伺いながら卓越した製品に昇華させていきました。

ご協力いただいた園の先生方のお子さんをしっかり守るという強い意識に感銘を受けました。身が引き締まる思いで開発に取り組みました。

近隣への配慮。控えめなクラクション(ホーン)鳴動

置き去りキャッチは自動検知時にホーンを鳴らす場合、いきなりけたたましく鳴り響きません。最初は短い音で間隔をあけて鳴らして注意を促し、その後本格的に鳴動します。うっかり車内に入ってしまった場合でも気づいて対応できるので、近隣に迷惑をかけることをギリギリまで防げます。

IoT製品開発メーカーのシステムトークス

当社は今年で創業28年の電子製品、IoT機器、エネルギー製品のメーカーです。自社設計が当社の強みで、ユーザーの求める内容の製品をきっちりと形にすることで評価をいただき、長きにわたって支持をいただいております。ユーザーの立場にたち、ユーザーの視点で、ユーザーと対話して製品開発をすることが「システムトークス」の社名の由来です。

今回の「置き去りキャッチ!」開発にあたって、悪夢のような事故に不安になっている親御様や幼稚園保育園の方々の立場に立ち、置き去りを万全に防げる装置を作ることを第一にしました。IoT製品開発で培った技術、ユーザーインターフェースの経験から、壊れにくくて使いやすくて邪魔にならない構造とデザインにしました。どんなに優秀な機器でも、使いにくければ使い続けてもらえません。それでは置き去りを防止できません。

部品を1から選定して製品を作れる強みを生かし、本体まで85℃の高温に対応させ、ドライバーの使い勝手の良い場所のどこにでも設置できるようにしました。

私どもの技術の結集が、すべてのお子様の命を守れることを信じています。

オンライン・アップデートで最新機能を使用可能

オプションの通信ユニットをお求めになるとメール通知機能に加えて、本体ファームウェアのオンラインアップデートが無料で実施されます。機能改善やユーザーからの要望の多い新機能などが提供されます。
(初年度の通信料は無料です。2年目以降は申し込み制です。申し込まれなかった場合は2年目以降のアップデートは受けられません)

内閣府認定品・補助金対象品

置き去りキャッチ!は内閣府の認定製品になっていますので、設置することで置き去り防止安全装置の設置義務化をクリアすることができます! また全額を補助金で支給されます。 (認定番号 C-007)

ICTを活用した子供の見守りシステムにも発展可能

当社のIoT技術は防災製品にも活用されており、その技術を置き去りキャッチ!にも使用しています。単に置き去り防止装置としてだけでなく、今後「ICTを活用した子供の見守りシステム」機能を付加させていくことも可能です。

またその技術は子供の見守りだけでなく、認知症問題などの社会問題解決にも展開していきます。

※代理店による対応の場合。特殊車両、離島山間部などの場合は越える場合があります。


開発元・製造元
株式会社システムトークス

>>>>> 置き去りキャッチ!について詳しく <<<<<

NEWS

MENU
PAGE TOP